幼稚園が新たに生まれ変わります

地域の方にとってより利用しやすい幼稚園を目指して、来年4月から南光紫陽幼稚園は幼稚園型認定こども園になります。このページで認定こども園の特徴などを確認して頂ければと思います。皆様の入園をお待ちしております!

認定こども園とは?

認定こども園とは幼稚園と保育園の良いところを併せ持つ施設で、就学前のお子さんを対象に教育と保育を一体的に提供する施設です。これまでは、お仕事の兼ね合いなどで、幼稚園に通うことが難しい場合がありましたが、認定こども園では、これまで保育園に通われていたお子さんの受け入れもできるようになり、保護者の就労等に関わらず全てのお子さんに入園して頂けます。

両施設の良さを併せ持つ新たな形

認定こども園の特徴

保護者の就労状況に関わらず入園することができます

これまで共働きの方は、保育時間の問題などから保育園を利用することが多く、幼稚園に通うことが難しい環境にありました。しかし、認定こども園になることで、保育時間が長くなり、共働き家庭の方にも、より利用しやすい施設となりました。

幼児教育を受けやすくなりました

認定こども園では、保護者が働いている働いていないに関わらず入園し、幼児教育を受けることができます。日々の園生活や行事を通して、お子さんの成長を感じて頂けると思います。

在園中にお仕事を辞めてもそのまま通うことができます

認定こども園では、保育園とは異なり、途中でお仕事を辞めた場合でも、そのまま同じ施設を利用することができ、転園等の必要がありません。

認定区分について

認定こども園を利用する際には、お住いの市町村から1号認定/2号認定という「利用のための認定」を受けます。これは、市町村から利用者の方が必要に応じた保育・教育のサービスを受けるために必要な認定となります。 1号認定と2号認定で保育教育内容に違いはありません。「保育時間」と「料金」のみ異なります。詳しくは内閣府のホームページをご覧頂き、「保育時間と料金」については下記のリンクをご確認ください。

※1号認定児とは…満3歳以上で就学前のお子さん
※2号認定児とは…満3歳以上で、保護者の就労等の理由により保育を必要とするお子さん

当園へのお問い合わせ

その他、当園へのご見学、お問い合わせにつきましては、 お気軽にお問い合わせ下さいませ。